顔のたるみの原因

  • admin
  • 2017-05-09
  • 未分類
  • 顔のたるみの原因 はコメントを受け付けていません。
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

年の経過と共に、顔のたるみを気にされる方は多くいます。顔のたるみとは顔の肉が徐々に下に下がることを意味します。では何故顔のたるみが起こってしまうのでしょうか。

原因の一つとして挙げられるのが肌弾力の低下になります。肌の弾力が低下すれば皮膚の重みを支えることができなくなるため、当然皮膚が徐々に下がり顔のたるみを引き起こす原因となります。主に肌の弾力を支える成分はコラーゲンやエラスチンとされています。これらの成分は年を取れば取るほど減少するため、その分顔のたるみを引き起こす可能性が高くなります。実際に老化予防としてコラーゲンが多く含まれた食材を食している方も少なくありませんが、食事から摂取して短期間で顔のたるみが改善されるということは少ないようです。

その他の原因としては表情筋の低下になります。表情筋とはその名から想像できる方も多くいますが、表情を作るために使用される筋肉です。表情筋は顔のさまざまなところにあるとされており、その表情筋の低下が始まると顔のたるみを引き起こす原因となります。当然筋肉は使わなければ衰えるため、高齢者ではなく中年層においてもこの表情筋の低下が原因で顔のたるみを引き起こす可能性があります。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket